日本共産党と関係が深い労働争議団を批判する