安東幹氏プロフィール

1963年(昭和38年)7月16日 京都市内にて生まれる

小学校2年生より杉並区で暮らす。(中学1年時は関西)(二十代中野区で下宿していたこともある)。

都立西高出身

最終学歴 慶應義塾大学法学部乙類(政治学科)通信課程(平成11年3月卒業)

卒業論文 「日本共産党の戦略(民医連の役割を中心に)」共産主義による精神医療を悪用した人権弾圧を扱った論文としては日本でもっとも詳しい

電子書籍 Amazon Kindle に出版多数 『日本共産党の構造と実態』 『知られざる北朝鮮と日本共産党の関係

     『写真と文書 事実でつづる安東幹』 日本共産党にはこんな人たちが寄付しています 公開されている資料より』

     女性の敵、ママの会(安保法制反対の)と戦おう!』

著作『日本共産党に強制収容所』 『誰も書かなかった中国の人権抑圧』 『連合をブッ潰せ』

以前 論文 雑誌『正論』『WiLL』などに多数  日本文化チャンネル桜ゲスト出演有り

現在 『世界日報』に、オピニオンを執筆中   『やまと新聞』に、日本共産党批判シリーズ連載中

法輪功迫害真相調査連盟アジア調査団副団長(2008年ごろ)、アメリカに本部のある北朝鮮自由連合が呼びかけている中国大使館に対して北朝鮮難民の強制送還に抗議する世界統一行動日本コーディネーター(2007年ごろから2014年ごろにかけて毎年のように)などを歴任      都議選(杉並選挙区)立候補、落選(平成21年)      平成20年ごろから22年ごろにかけて本籍を沖ノ鳥島に移す(真似は安易にしないでください。住民票の写しなどが必要な場合、小笠原村役場まで、週に数本の船便で申請するので取得に数週間かかることも)  昔、勤務していた会社で、会長や社員らとともに、家族で皇居参賀する。  
 

TOEIC 895点(2017年11月19日テスト日) 国家IT資格「情報セキュリティマネジメント」平成26年春取得