森友問題でのマスコミの対応はおかしい

はじめに、11月22日会計検査院発表の報道を

以下、「日テレとNHK」から引用!


会計検査院が公表“森友”国有地売却問題

2017年11月22日 18:17 

全文

 森友学園への国有地売却をめぐる問題で、会計検査院は22日、「国が見積もったゴミの量の算定方法や値引きの額の根拠が不十分」だとする報告書を公表した。

 この問題では、国有地が森友学園側に約8億2000万円値引きして売却されている。

 会計検査院が22日に公表した報告書では、値引きの根拠とされた地中のゴミの量について「深さ3.8メートルを一律に適用してゴミの処分量を算定している」「廃棄物が混ざった土が確認されていない箇所についても、地下埋設物が存在すると見込んでいる」などと指摘し、「算定のための十分な根拠が確認できない」として実際のゴミの量は3割から7割だった可能性を指摘している。

 さらに、ゴミの混入率や処分の費用についても「単価の詳細を確認できないなど、慎重な調査検討を欠いていた」と結論付けた。

 その一方で、算出方法には幅があるとして、最大で本来よりいくら値引きされていたのか、具体的な金額は盛り込まず、「値引き額が不適切だったのかは責任をもって示せない」と繰り返した。

 また、売却にいたる森友学園との具体的なやりとりの内容などの文書が破棄されていて詳細が確認できないとして、行政文書のあり方についても必要な措置を講ずるよう国側に改善を求めている。

 会計検査院は報告書を国会に提出していて、「不十分」とされた値引きの根拠について政府に説明を求める声はさらに強まりそうだ。

以下はNHKウェブニュースから引用

森友学園問題 値引きは根拠不十分 会計検査院が国会に報告へ

そして、今日のニュース!

 なぜ? 「根拠不十分!」なのだろうか?

 この言葉だけ取り上げて振りかざし…大騒ぎ?

  いつかどこかで「国会は言論の府」とのたもうた評論家がいらっしゃったが? …報道機関はどうなのだろうか?

 よく読めば!(黄色部分)

値引き額の積算には十分な根拠が確認できないうえ検証に必要な資料が十分残されていない、などとする検査結果(NHK)

算定のための十分な根拠が確認できない」(日テレ)

 実は!

「確認できない…検証に必要な資料が十分残されていない」と!… … だから根拠不十分!」だと…!

 つまり!… つまり、「検査のしようがない!とおっしゃっているんです!

 従って、問題は…ここにある!

 とすると、隣接の同じように値引きされた物件(森友ではない)との「整合性」も「忖度」したのだろうか?… … … おそらくそこまで踏み込まず、バンザイした?…?…?


 相手が権力と見れば、「パブロフの犬」のように、証拠不十分=「そんたく」=不正???

 野党が言うなら…まだしも… …なぜ報道機関が言うのか??(きちんと正しく報道せよ!)

 要は!

 関係省庁がしっかりとその根拠を示さなければならないだろう。(手間暇かけても)

 報道機関がやるべきは…粛々と正しい情報の収集につとめて、一つでも多く…国民の判断に資する報道を、いちはやくおこなうことではないのか?

 

 あと一つ!

 野党!…特に「立憲民主」党!

 3.11福島原発対応の議事録も何も残っていなかったことについてはどう説明するのか?