警察がんばれ!毎日新聞の記事に疑問、録音テープ付きで毎日報道!「警官が中学生に暴言 否認なら牢屋、人生終わり…」何故に今頃?



平成27(2015)年、「万引き事件への関与を疑って中学3年の男子生徒2人を取り調べた際」…

と題して以下の記事!

警視庁 警官が中学生に暴言 否認なら牢屋、人生終わり…

会員限定有料記事 毎日新聞

 

 警視庁高井戸署の警察官が2015年、万引き事件への関与を疑って中学3年の男子生徒2人を取り調べた際、否認する生徒に「高校なんか行かせねえぞコラ」「否認すれば間違いなく牢屋(ろうや)に入れる」と暴言を吐き、自白を強要していたことが10日、分かった。

 生徒側からの申し立てを受け調査した東京弁護士会は同日、人権侵害に当たるとして同署に警告書を出した。警視庁は生徒の関与はなかったと認め既に謝罪。昨年12月、取り調べた警部補を警務部長注意、巡査部長を所属長注意の処分とした。

 弁護士会によると、当時2人は14歳と15歳。万引きをした同級生が「2人に万引きを強要された」と警察に話し、15年12月に高井戸署で任意の取り調べを受けた。15歳の生徒が親の勧めでICレコーダーを持ち込み録音していた。

 生徒側が10日に公開した音声などによると、警察官は「『二度としないから許してください』と言わない限り、高校に行けないぞ」「反省も何もないんだ。だったら(少年)鑑別でも少年院でもどこでもぶちこむしかないのかな」などと強い口調で繰り返した。

 2人とも否認したが、警察官が「向こう(14歳の生徒)は反省の言葉を言っている。(認めていないのは)てめえだけ」と15歳の生徒を追及する場面もあった。2人は一時、関与を認めさせられた。

 東京都内で記者会見した当時15歳の生徒の父親(44)は「録音を聞き返すとつらい気持ちがよみがえる」。当時14歳の生徒の父親(47)は「警察は同じようなことを絶対しないでほしい」と話した。

 警視庁の森本敦司生活安全総務課長は「取り調べで不適切な言動があったのは事実。再発防止に努める」と話した。(共同)

 聞かされる方も…聞く方も…ウンザリ!

 人間だれしも…過ちや、いやな経験がある…。

 少年の頃ならなおさらだろう…。

 

 先生に殴られて…家に帰って親に話したら…その数倍も親に殴られた!(よく聞く話)

 

 真実は当事者にしかわからないが…、

少年を取り扱う警察官の苦労は…察して余りある!

 扱う少年、親、学校、それぞれに理解を求め、その真実を明らかにしたうえで初めて少年もまたその非を悟る!

 グループ犯罪であればなおの事…。

 

 「初期非行」と言われる「万引き」だから…と言っていい加減な取り扱いでは、さらに非行は悪化して行く。

 

 いずれにせよ、取り調べの文言(ただし簡単に「暴言!」とは言えないのではないか?)もさることながら…、

このことの本質は、

 

 いかなる非行態様であったのか?

 果たして問題の解決はできたのか?

 

ということだったと思われる…(少年や親や学校は納得したのだろうか?)。

 

 2年余りもたって…社会(警察)に警鐘を鳴らさなければならない内容か…?
 報道を受け取る方には、その判断材料はない!
 がしかし!…何故に今ごろ?…
… ‥しかし、

 

 警察は「法(正義)」の最後の砦!

 大変だろうが頑張ってほしい…!