さすが!菅官房長官!【座間9遺体】 閣僚に3つの指示

【座間9遺体】菅義偉官房長官「犯罪史に残る残忍で凶悪な事件」と激怒 閣僚に3つの指示

産経新聞ウェブニュース

神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、政府は10日午前、首相官邸で関係閣僚を集めて再発防止対策に関する会議を開いた。菅義偉官房長官は「犯罪史に残る極めて残忍で凶悪な事件で、強い憤りを覚える」と激怒し、閣僚らに3つの指示を投げた。菅氏の主な発言は以下の通り。

 「座間市で発生した事件は犯罪史に残る極めて残忍で凶悪な事件であり、強い憤りを覚えます。被害に遭われた9名の方々のご冥福を心からお祈り申し上げます」

 「今回の事件は現在、調査中でありますが、被疑者がツイッターなど人の目の届きにくいSNSを利用し、自殺願望投稿するなどした被害者の心の叫びにつけ込んで、言葉巧みに誘い出して殺害するという極めて卑劣な手口であるものとみられます。犯行の経緯を徹底的に明らかにし、再発防止に努めなければならないのは当然のことであります。その観点から、当面各大臣に取り組んでいただきたいことを3点申し上げておきます」

 「第一は徹底した捜査による全容解明と、関係省庁による情報の共有です。捜査によって明らかになった今回の犯行の経緯を、関係省庁で共有をし、各省庁での再発防止策の検討に活用していただきたいと思います」

 「第二は自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策の強化です。事業者や関係機関と連携し、改めて実態把握に努めていただくとともに、適宜適切な削除や書き込みの制限などについて、現在の対策の検証と強化をお願いしたいと思います」

 「第三はネットを通じて自殺願望を発言する若者の心のケア対策の充実であります。現在もさまざまな相談窓口が設けられておりますが、このような若者が適切な相談相手にアクセスできるよう、これまでの取り組みの見直しをお願いしたいと思います」

 「以上3点申し上げました。各大臣がリーダーシップを発揮をしていただいて、関係省庁連携のもとに政府一体となった対策強化を行い、再発防止を徹底したいと思いますので、関係省庁のみなさんによろしくお願いをしたいと思います」

bing.com/imagesから引用

 

 家庭家族との一家団欒もなく…日夜、国家国民のためにご尽力…。

 このようなときに、このような時だからこそ…

伝家の宝刀を抜く!指示=権力の発動

 

 かつての民主党政権の有様とは…天と地の違いであろう!(地では地球に申し訳ない!)

天国と地獄の違い!

 

 自民党・自民党政権の良さは…「みずから旗振り(三権分立の無視)をしない、権力をひけらかさない!」こと。

 

 しかし、これが、「はっきりしない」…から「いい加減」…さらには「無責任」のイメージへと結びついて、あの朝日新聞から「一党独裁」、左翼からは「金権政治」等々と散々ののしられて政権を離れた…。

 しかし、自民党・自民党政権の良さは…「国民(選挙民)と選ばれた議員の意思を尊重する」…ことを何より大切にしている事だろう。

 「権力が旗振り(三権分立を無視)することは全体主義と同じである」ことをわきまえているのだ。

 

 だから! 

 あの看過できない…選挙妨害にも、警察権力にすがることなく、ステルスでしのごうとしたのだろう!

 

 これに比べて、

「立憲民主党」の名前にまただまされるのか?

2017年10月20日(金)

://ameblo.jp/tentifusui/entry-12321244567.html

 

「立憲民主」と言う言葉の欺瞞と枝野発言 

2017年10月28日(土)

https://ameblo.jp/tentifusui/entry-12323660603.html

 

JR総連から献金を受けて、JR東労組と覚書を交わし、その相手となった人物(革マル派幹部)が起こした人権蹂躙事件について、衆参の国会議員7人で、警察官僚に圧力をかけたことや、

 3.11福島原発事故で、事故対応の第一次の責任者は東電であったのに、余計な指示を出し、爆発させてしまったこと!

 今からでも遅くはない!

 菅直人、枝野幸男、海江田万里らは、責任を果たせ!