NHKニュースの左偏向を批判する



国連 日本の核廃絶決議案に不満相次ぐ

ヽ(`Д´)ノ

 今日も「日本は唯一の被ばく国でありながら…」の繰り返し!

殆どのまともな人間は、たとえ政治家になったとしても、「核廃絶に反対!」を唱えたりしないであろう。

 

 しかし、なぜ、日本はこのような対応をせざるを得ないのか?

 このような問題については、たとえ公正・中立な報道機関であっても、いや、であればこそ、世界の現実の問題、まさに北朝鮮の問題、中国やロシアの対応、などについて、冷静な解説をすべきであろう!

 

 この問題に、「被爆国であるか無いか」がどれほどの重要性をもつというのであろうか?

 これは、決して「被爆者」をないがしろにするということではなく、核の存在そのものが、いつどのようにして世界の人々の頭上に降りかかるかもしれない、その危険の除去にあるのであろう…。

 であるのにことし初めて採択された核兵器禁止条約への言及がない事への各国の反発に同調するかのような「アメリカの核の傘に入っている日本」・「唯一の被爆国」のみの解説ぶりには…、

哀れとしか言いようがないのだ!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011199741000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_002

から引用。