左翼全体主義政党と朝日新聞や左翼新聞の実態




明らかにされた思想的

組織的妨害!

http://www.sankei.com/politics/news/171018/plt1710180003-n1.html

 

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/171018/plt17101805050002-n1.html

 一番のモンダイは

  自分たちの報道の自由、言論の自由、表現の自由、そして

  常日頃から声を大にして叫んでいる、「リベラル」

  そういう思想・社会・国家にとって、あってはならない「選挙の自由を妨害する行為」

(多衆の選挙妨害罪)
第二百三十条 多衆集合して第二百二十五条第一号又は前条の罪を犯した者は、次の区別に従つて処断する。選挙に関し、多衆集合して、交通若しくは集会の便を妨げ、又は演説を妨害した者も、同様とする。
 一 首謀者は、一年以上七年以下の懲役又は禁錮に処する。
 二 他人を指揮し又は他人に率先して勢を助けた者は、六月以上五年以下の懲役又は禁錮に処する。
 三 付和随行した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。
2 前項の罪を犯すため多衆集合し当該公務員から解散の命令を受けることが三回以上に及んでもなお解散しないときは、首謀者は、二年以下の禁錮に処し、その他の者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。

であるのに、なぜ?

朝日毎日や、東京新聞は

モンダイにしないのか?

ヽ(*'0'*)ツ

 

 二番目のモンダイは

  こういったことを平気でする、他人(自分たちの主義主張に沿わない人の人権を平気で踏みにじる、こういう人達たちに支持されているのが立憲民主党」「共産党」「社民党」 

(ノ゚ο゚)ノ

28.7.30【共産党選挙妨害】桜井誠 候補 東京都知事選

https://www.youtube.com/watch?v=cGvVaFsN8zw   右は秋葉原の選挙の自由妨害

imageimage

  いわゆる、全体主義(左翼)勢力であり、戦後一貫して、日本の主要なマスメディアは、

占領下につくられた「日本国憲法」を、自分たちの都合に合わせて、

「右傾化阻止」を大義名分として、日本の保守政党転覆のための批判を続けてきていることなのだ。  

ヽ(`Д´)ノ

 

 結論は

  常に全体のことをおもんばかる(考える)、

  弱者(被搾取者・労働者)、少数者(マイノリティ)を大切にする

  私利私欲にとらわれない、高尚な人々(われわれ)が理想とする社会

  そういう社会実現に取り組む人々のための自由・平等・民主主義が大切

なのであって、利権や私利私欲にまみれた低俗な人々の自由・平等・民主主義(保守主義政権)はあってはならない!

という思想なのであろう。

 

  閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫) 文庫 – 1994/1/10 江藤 淳 (著)

 ぜひ、後世に残し伝えつづけてゆきたい本である!