ホームページへ

☆民主書店・美和書店

正面右側には、6段のたなが8つある。たなの前には、書籍が平積みされているスペースがある。
店の真ん中にたながあり、右側には3段のたなが3つ、たなの上には、岩波新書や岩波文庫などがある。たなの前には、書籍が平積みされているスペースがある。
店の真ん中にたながあり、右側には3段のたなが4つ、たなの上には、岩波新書や岩波文庫などがある。たなの前には、書籍が平積みされているスペースがある。
正面左側には、7段のたなが6つある。
(一つのたなには、40冊から50冊の書籍がある。)
正面右側のたなには、マルクスの書籍などが並ぶ。日本共産党出版局の書籍、日本共産党関係者執筆の書籍だけではなく、広く関連するテーマの書籍なども売られている。



日本共産党や日本共産党と関係が深い団体の書籍を中心に売っている書店である。民主書店を名乗っている。


代々木の日本共産党本部の近くにある美和(みわ)書店が総本山である。
信濃町駅のすぐ近くにある博愛堂書店は、創価学会の書籍や公明党関係の書籍や雑誌のみが陳列されているコーナーがあるが、一般の書籍や雑誌の方が陳列されている割合は大きい。それに対して、美和書店には一般の書籍は陳列されていない。しかし、日本共産党と関係がない書籍でも、創価学会を批判する書籍や自民党を批判する書籍は販売されている。


政治的な中立を名乗っているが、美和書店には日本共産党への募金のビンがある。


○日本共産党本部に置いてある美和書店宣伝のチラシ